需要と供給のバランスがいいから誰もが稼げる人妻の風俗事情

風俗の中でもその過半数が30代~40代の女性だといわれている現在、業界のなかでもとりわけ目立つ人妻系の風俗店の広告や求人。
一時は単に「人妻」というブームだけで終わるのではと思われていたが、底知れぬ人気でこの言葉自体が出てきたのがいつ頃だったのか忘れるほど長く続いている。というより今でも風俗に限らず男性が観賞するAVなど動画サイトにもそのジャンルは確立されており単純に流行などではないことが実際に証明されています。
ということはおのずとその風俗で働く女性がいるわけで、同業種で違う年齢層の他と比べても人妻が人気のあるジャンルだとするともちろんその求人も半端のない数が存在することが容易に想像つきます。
そしてここからが知られざるこの人妻に特化された風俗の一大旋風を巻き起こした大きな要因になったと推測される求人に対して、実際に働いてくれる女性の多さでした。いくら人妻を求めるお客様のニーズが多くてもそこで働いてくれる女性がいないと風俗も成り立ちません。
とここで「人妻」という言葉で年齢層を思い浮かべてください。そうです30代~40代をイメージしますよね。このイメージと風俗で働いている女性との間に全く相違はなくまさにその通りドンピシャ。
この年代は結婚して一度会社を辞めてしまうと、中々、新しい職が見つからない。職を探すのがとても難しいという現実があります。
時流なのかもしれませんが今では共働きの家庭は世の中の家族持ちの大半を占めており、そのほとんどがこの年代。この人妻というジャンルに特化したことでちょうど時代とともに出てきた求人のニーズでさえも掴んだ瞬間でした。働きたい人妻と働いてほしい風俗の店舗の求人がぴったりとマッチしたわけです。
このことが人妻系の風俗の流行を後押しし、よりお客様のニーズに応えようとする店舗が増え、店の数も増えればおのずと求人の数も増えて、お店に在籍する女性の数が増える。 そうなればお客様が選べる選択肢も増えてくるので、必然的に店舗同士が競争しあうことでお店のサービスなどクオリティは上がり根強い固定客がたくさん着きやすくなるので店側も儲かる。儲かれば店も増える⇒となれば求人も増える。時流に乗った関わるものすべての人が「幸せ」を感じられる大きな相乗効果を生み出しのです。

風俗の仕事だからこそ与えてくれる人妻への恩恵

人妻に専門化された風俗店でも自分自身が服を脱いだり異性に触れられたりしない性感エステや最も数の多いデリヘルに短期間で高収入が望めるソープなどいろんなジャンルが揃っており、求人に応募してくる女性の働く同機もまたさまざま。
単純に空いた時間に仕事をして家計の足しにしたいと願う30代~40前後の家庭を持った主婦の方ももちろんいらっしゃいますが、この風俗の業種ゆえの理由で求人に応募してくる女性も多いのが人妻系の特徴です。
気になるその理由は「もう一度自分らしさを取り戻したい」、「女性として見られて生きていきたい」、新しい第二の人生を切り開きたいと思っている女性がこの人妻の風俗業界にはたくさんいます。
それは男性との性的な関わり合いだけでなく「綺麗だね」、「美しい」など異性から"女"としてポジティブな言葉をかけられ大切にされることで輝く自分を手に入れるのです。実際に家庭のことで疲れ果てた女性が40代の年になって初めて風俗の求人に惹かれ業界入りしてから驚くほどキラキラと輝きながら、活き活きと羽ばたいていく人妻さんたちを何人も見てきました。
女性なら誰しもが気にする「女としての需要」も人妻の風俗には盛り込まれているから働いていることが生きがいとなり、楽しんで働きながら収入も得られる…。
そんな女性にとって魅力的な要素が詰まっているのが人妻の風俗の求人なのだと思います。